いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

研修報告

REPORT

☆歯科衛生士院内研修報告☆

今回の研修では、前回に引き続き症例発表を行いました。

患者さんにモチベーションを上げていただく方法として、染め出しをしてどの部分に具体的に汚れが残っていたのか確認してもらうとともに、口腔清掃状態を示すPCR値の記録をすることで数値化されよりわかりやすく伝えられると感じました。染め出しは今まであまりしていなかったので、今後取り入れていきたいと思います。また、どのようにしてPCR値を減らしていくかの目標設定も患者さんと共有することが大切だと思いました。

先輩方の発表では、上顎8番の歯を下顎6番に移植した方の症例がありました。下顎7番は欠損している状態なのですが、無理にブリッジなど補綴物を入れることで舌のスペースが狭くなり喉の奥に追いやられる舌房侵害が起こるかもしれないことや、その影響で気道閉塞や睡眠時無呼吸を起こす可能性があるとのお話を聞くことができました。

また、歯周病重度になり歯槽骨の支持が失われたことで上顎前歯が前に出るフレアアウトについての話もあり、とても勉強になりました。

症例発表の後は抜歯した歯を用いて実習を行いました。

普段は歯ぐきに埋まっていて目視できない歯根の形態を確認することができ、歯ぐきの下にある歯石を除去する際のスケーラーの当て方や動かし方などを改めて学ぶことができました。これからも基本を大事にし、今回学んだことを活かせるよう頑張りたいと思います。

歯科衛生士 森本澄香

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします