いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

研修報告

REPORT

☆接遇研修報告☆

今回の接遇の研修は、心から相手に寄り添うためにコミュニケーション力の勉強を行いました。

心から相手に寄り添うとは目の前にいる患者様への対応はもちろん、患者様から見られている対応も気をつける必要があると言うことです。

よくコミュニケーションといいますがその目的とは人間関係を作る、情報伝達する、協力してもらう、受容、共感するが挙げられます。

コミュニケーションは口から伝える事が多いと思いますが、話すというのは表現すると同じであり、話し手はその事柄が正しく伝わるように、良い印象で受け入れられるように話すことが大事だということです。

そしてその良い話し方とは、相手に応じ話す、聞き手の反応を確認する、聞き手の関心を引く、誠実な態度を表す(アイコンタクト,頷き)、話しかける(一方的に独り占めしない)と言うことです。

一方聞く事は理解することと同じであり聞き手は、相手が何を伝えようとしているかを正確に、誠実に、好意的に聞くことが大切と言うことです。

そして良い聞き方とは、先入観をなくす(素直に冷静に聞く)、集中して聞く、辛抱強く最後まで聞く、不明点は問い返す、興味関心を態度で表現する、音で聴く「アイコンタクト」です。

初めて対面する患者様や短時間の会話で同席する患者様にいかに効果的に「寄り添う」を伝えられるかが大切と学びました。

それを踏まえて、スタッフ同士でデモンストレーションを行いました。

より意識することで味になったと思うので、今後も患者様に心から寄り添うためにしっかりとコミュニケーション能力をあげたいと思います。

歯科衛生士 茂野祐里奈

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします