いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

研修報告

REPORT

☆接遇研修報告☆

今回は「おもてなしと思いやりを形に表す」ということで、言葉使いを中心に研修を受けました。

私たちは普段、たくさんの言葉を使っていますが、言葉にも色々と種類があります。

仕事をする上で、大切な敬語について学びました。

敬語は相手に対する敬意の表れ、相手の立場や心情を理解した思いやりのある言葉を選び、伝えることが求められます。正しい敬語を使うことは、人間関係をスムーズにして、仕事を円滑に進めます。

敬語にも種類があります。

「尊敬語」「謙譲語Ⅰ」「謙譲語Ⅱ」「丁寧語」「美化語」

例えば「言う」⇒尊敬語では「おっしゃる」⇒謙譲語Ⅰでは「申し上げる」⇒謙譲語Ⅱでは「申す」など、同じ言葉でも、敬語の種類によって言い方が変わります。

自分置かれている立場や相手の立場によっても言い方が変わったりするので、とても使い方が難しいと思いました。

また、よく使われる間違った表現なども学び、普段自分が使っていないのか考えさせられました。本当に言葉使いは難しいです。

言葉は自分の品格を表すものなので、今回学んだことを正しく使いこなしたいと思います。

普段から、スムーズに自然に使えるようになりたいです。

 

春山 真理

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします