いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

研修報告

REPORT

☆院外研修報告☆

今回の研修では「コーヒーカップ理論」をテーマに学びました。


「コーヒーカップ理論」とは、同じコーヒーカップ(対象)を見ていても、立場・視点がちがうとWIN-WINになりにくい。なので、WIN-WINになるためにはどうすればいいのか?を考え、ロープレしました。

コーヒーカップ理論には以下の3つのパターンがあります。

①プロダクトアウト発想・・・相手を自分の方へひっぱってくる

②手変え品変え発想・・・コーヒーカップを回す

③WIN-WIN顧客思考・・・自分が相手側へいく

普段、自分は相手に対して、どのようなタイプなのかと考えました。
まずは、自分が相手の立場になって物事を考えないといけないと思いました。そうする事で、相手が今何を求めているのか、どうしてほしいのか・・・などが分かり合えるのではないかと思いました。

ロープレをしてみて、相手の事を考えながら伝える事は大変だと感じました。こちらがいいと思って伝えても、相手が求めていなければ、WIN-WINにはならないと思いました。

今回の研修では、相手の事を思いやって伝えることの大切さを学びました。

学んだことを日常から、しっかりと自然にできるような人になりたいです。

歯科助手 春山 真理

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします