いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

6歳臼歯はとても大事!

6歳臼歯は6歳前後に生えてくるのでこのように呼ばれます。

6歳臼歯は、一番最初にはえてくる永久歯で、他の永久歯が正常に並ぶための指標であり、この歯の位置で歯並びやかみ合わせが決まります。

ところが、6歳臼歯は完全に生えるまでに数年かかるため、その間歯ぐきがかぶさった状態で歯のまわりに汚れがたまりやすく、またかみあわせの溝の形態が複雑で深いため、お子様自身できれいに磨くことは難しいので、むし歯にならないようにするためには、保護者による仕上げ磨き歯科医院での継続的な管理が必要になります。

<仕上げ磨きのポイント>

はえかけの時期は、乳歯用の歯ブラシではしっかり磨けないので、ワンタフトブラシの併用がオススメです。磨きにくい部分にしっかりとフィットします。

<ワンタフトブラシ>

<歯科医院での管理>

①磨き残しのある部分をプロフェッショナルケアできれいに除去します

 

②シーラントを行う

シーラントは、複雑な形態のかみあわせの溝を樹脂で物理的に封鎖することで形態を単純化して  むし歯になりにくくするむし歯予防法です。シーラント処理をしたからといって歯のケアをしなくても虫歯にならないわけではありませんので注意が必要です。また、永久的な処置ではないため、脱落していないか、定期的にチェックを行う必要があります

        

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします