いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

「1本ぐらい歯が抜けても大丈夫」と思っていませんか?

「ここの歯は抜けてしまったけど、別に生活に特に支障もないし良いか…」
 
「今、ちょっと忙しいし、お金もないし、に抜いたままにしておいても痛みもないからしばらくはこのままでも良いかな…」
 
「今まで、痛かった歯をやっと抜いてもらえた。せいせいした!」
と言って、歯を抜いたままにしてしまう方が少なからず、いらっしゃいます。歯が1本ぐらい抜けても大丈夫。とほったらかしにしておくと、両隣の歯が倒れこんできたり、(傾斜)もともと咬んでいた、反対側の歯が伸びだしてきます。(挺出)
 
食べかすや歯垢が残ったままですと虫歯や歯周病になるリスクがかなり高くなるため、次に隣の歯が抜けてしまう可能性が高くなってきます。

また、歯は咬む力が加わったとき、一本だけで支えているわけではなく、隣の歯にも力を分散させて支えているため、一本でも抜けるとうまく力を支えられなくなってきます、歯が動いたことで全体の噛み合わせのバランスも悪くなるのです。

 
機能的な事だけでなく見た目にも、噛み合わせとなる反対側の歯が伸び出してくることで歯が長く見えたりそれにより歯の根っこが露出するので知覚過敏を引き起こすこともあります。

これらの事が起きる前に歯が無くなったときにはできるだけ早めにその後の治療を受けましょう。

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします