いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

口内炎でお悩みではありませんか?

歯ぐきや口の粘膜に炎症ができて、酸っぱいものがしみてしまう・・

こんなご経験をされたことはありませんか?

 

口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称口内炎といい、口の中の粘膜や歯ぐきに、水疱やただれなどができます。

 

口内炎ができてしまうと、口の中のお手入れがきちんとできず、さらに食事がきちんととれないため、栄養不良や疲れなどが強くなります。

口内炎の原因は様々です。

ウィルスや細菌などの感染

金属アレルギー

薬物アレルギー

栄養(鉄分や葉酸などのビタミンB群)の欠乏

胃腸障害

適合の悪い被せ物や尖った歯によって粘膜が傷つく

        

原因不明

 

口内炎のほとんどは2週間以内で自然に治ると言われていますが、再発することも少なくありません。

治療としては、以下の方法があります。

微生物の感染によることがはっきりしている場合には、抗生物質の投与         

被せ物や歯の形が原因の場合には、その部分の治療

炎症を改善するため、ステロイドホルモン入りの軟膏を塗布

ビタミンBなどの投与

刺激の少ないうがい薬で口の中をきれいにする


口内炎でお悩みの方は是非ご相談ください。

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします