いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

マイクロスコープってどんな機械なの?

「マイクロスコープ」ってお聞きになられたことはありますか?

「マイクロスコープ」は、歯科用顕微鏡のことです。歯科治療は細かい作業の連続です。マイクロスコープを使うことで、狭く暗い口の中を明るく拡大することができ、「見えないものが見えるようになる」ことが可能となります。

この度いなだ歯科が導入したマイクロスコープは、肉眼の最大80倍まで拡大することができます。

ところで、マイクロスコープを使用することでどんなメリットがあるのでしょうか?

肉眼では確認しづらいむし歯の発見や歯の亀裂・破折など、お口の中でおこっている問題に対して早期発見・早期治療を行うことができる

例えば、冷たいものがしみたり、痛みを感じたりする場合、虫歯を疑う人が多いのではないでしょうか?実は、歯に亀裂・破折が入っている場合も同じような症状がみられます。歯の亀裂・破折は肉眼ではなかなか確認することができません。むし歯治療をしたけど症状が改善しない・・・それは歯の亀裂・破折が原因している可能性があります。マイクロスコ―プを使用すれば、小さな初期の亀裂・破折も発見しやすいので、適切な判断、治療が可能になります。

<肉眼治療とマイクロスコープ治療の違い>

根っこの治療で神経の管の入り口の位置や数をしっかり把握することができる 

歯の根っこはとても複雑で細かい形態をしています。肉眼で確認しづらい部分を正確に把握することができることで精密な治療を行うことができます。

必要以上に健康な歯質を削ることを防げる

むし歯治療の際、削りすぎると健康な歯の部分にもダメージを与えてしまいます。「見える」ことでむし歯の取り残しをなくし、必要最小限の部分だけを削り取ることができ、歯の健康な部分を可能な限り残すことができます。

歯の色調、形態を正確に把握することができるので、審美性の高い治療を行うことができる

細かな歯の形態や色の変化の特徴を把握することでより自然な形で歯の修復を行うことができます。

精度の高い治療を行うことで、治療後も長期間、安定した状態を保つことが期待でき

治療している部分の拡大画像をモニターでお見せすることができるので、ご自身のお口の状態をより詳しくご理解いただくことができ、治療内容をより正確に把握していただくことができる

歯科医院での普及率は3〜5%とまだまだ一般的ではないマイクロスコープ。いなだ歯科ではこれまで肉眼よりはっきりと見える3.5~4.5倍のルーペを装着して治療していました。これからはより拡大した視野で治療を行うことが可能となりました。

詰め物や被せ物を綺麗に入れたい、治療を受けたけれどもいつまでも症状が良くならない、過去に治療した歯がまた痛みだしてきたとお悩みの患者様は、お気軽にご相談ください。

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします