いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

唾液腺(だえきせん)マッサージでうるおいのあるお口にしましょう!

「唾液はお口の健康を守ってくれる驚きの機能を持つ働きもの」ということをご存知ですか?

唾液の主な働きは、

1.飲み込みや消化を助ける

2.抗菌作用

唾液に含まれる抗菌物質がお口の中の細菌を取り除きます

3.口の粘膜に傷がつかないように、口の粘膜を潤してコーティング

4.お口の中のpHを中性に保つ

食後に酸性になったお口の中を中性に戻そうとします

5.酸によって溶けた歯を修復する(再石灰化)

6.お口の中を清潔に保つ(自浄作用)

食べ物のカスや、細菌を洗い流します。

7.食べ物の味を溶かす(味覚)

これらの働きを見ると、唾液は歯を守ってくれる魔法の水と言われても納得です。ただ、唾液量は年齢を重ねるとともに減少していきます。

コロナウイルス感染症対策のため、マスクが手放せない日々が続いています。

マスク生活で「口臭が気になる」「口が渇く」という方が増えています

自粛生活が続いている影響から口を動かしたりする機会が減ることに加え、マスクで息苦しさを感じ、無意識に口呼吸をしてしまい、唾液の分泌量が減る傾向にあります。すると、虫歯や歯周病の原因菌が繁殖しやすい口腔内環境なってしまい、これが口臭の原因にもつながります。

唾液腺マッサージってご存じですか?

お口の中には、耳下腺(じかせん)・顎下腺(がっかせん)・舌下腺(ぜっかせん)と呼ばれる唾液の出やすいポイントがあります。唾液の分泌を促すために、唾液腺を刺激することを、唾液腺マッサージと言います。唾液腺マッサージでうるおいのあるお口にしましょう!

①耳下腺マッサージ

指数本を耳たぶのやや前方(上の奥歯あたりのほほ)に当て、10回ほど円を描くようにマッサージしていきます。

②顎下腺マッサージ

顎下腺はあごの骨の内側のやわらかい部分です。顎のラインの内側のくぼみ部分3~4か所を耳の下から顎の下まで順に押していきます。目安は各ポイントを5回ほどです。

③舌下腺マッサージ

舌下腺はあごの先のとがった部分の内側です。顎の真下から舌を押し上げるように10回ほど上方向にゆっくり押し当てます。

いずれも力を入れずに指で軽く圧迫するように行うことがポイントです。

また、お口を閉じて舌で唇の裏側を円を描くように押して回すことも有効な運動です。

唾液の分泌量が減ると感染症への抵抗力が落ちることが分かっています。

また、新型コロナウイルス感染症で亡くなった方から歯周病菌が大量に見つかったというイギリスの研究報告が、話題になっています。

コロナウイルス感染症対策に口腔ケアを加えましょう!

 

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします