いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

電動歯ブラシの方がよく磨けるの?

「電動ブラシ」と聞くと、みなさんはどんなイメージがありますか?

 

「手で磨くより、電動歯ブラシの方がよく磨ける」

「短い時間できれいに歯が磨ける」

こう思われている方が多いのではないでしょうか?

電動歯ブラシと手で磨いた場合の清掃効果の比較に関しては、さまざまな研究があって一概にどちらの方が清掃効果が高いとはいえません

電動ブラシにはいろいろな種類があります。

現在市販されている電動歯ブラシには、大きく分けて、電気の力によって歯ブラシの毛先やヘッドが回転または振動し汚れを除去するいわゆる「電動歯ブラシ」、音波による振動で汚れを除去する「音波歯ブラシ」、超音波振動を応用した「超音波歯ブラシ」があります。

電動歯ブラシは、適切に使っていただければ汚れを効率よく落とすことができますが、実際うまく磨けていない方が多いのも現実です。磨きたい部分にブラシをうまく当てることができなければ残念ながらその性能を十分に発揮することができません

また、電動歯ブラシの種類によって使い方が異なります

いわゆる「電動ブラシ」や「超音波歯ブラシ」は手でみがくときのように手を動かす必要がありますが、「音波歯ブラシ」では、ブラシを歯面に当てるだけで1~2歯ずつブラシをゆっくり往復させます。

「電動歯ブラシ」こんな使い方をされていませんか?

ブラシヘッドを交換していない

購入時のものをそのまま使っていませんか?毛先が広がると汚れをしっかり除去できません。ブラシ交換で最大28%、汚れの除去効果が上がったという調査報告があります。少なくとも、大抵のメーカーが交換の目安としている「3カ月ごと」に交換しましょう。

ご自身の口にあったブラシヘッドを選んでいない

矯正治療中の方や歯周病リスクの高い方、また、虫歯のリスクが高い方など様々なニーズがあります。ご自身のお口の環境に合ったブラシのサイズや形状を選択しましょう。

磨く時にブラシを押しつけている

ブラシを押しつけて磨くことで歯ぐきが傷ついたり下がってしまったり、知覚過敏が起こってしまう可能性があるので注意が必要です。

適していない歯磨き剤を使用している

電動歯ブラシは手で磨く場合よりも多い回数で歯の表面を磨きます。磨く力が強い分、使用する歯磨き剤選びには注意が必要で、研磨剤無配合のものか、低研磨・低発泡性のものを使用するようにしましょう。ステイン除去力をうたっている研磨性の高い歯磨き剤は、歯を傷めてしまうので避けましょう。

また、歯と歯の間の汚れは電動ハブラシでも取りきるのは難しいので、フロス(糸ようじ)や歯間ブラシを併用してください。

こんな使い方でいいの?何を基準に選べばいいの?など、ご不安な点があれば是非ご相談ください。

 

 

 

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします