いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

よく噛めていますか?

奥歯を失った後、そのままにされている方はいらっしゃいませんか?

奥歯を失ってから食の好みが変わったという方、多いのではないでしょうか。

やわらかい食べ物を無意識に選ばれていませんか?

最近、血糖値や内臓脂肪、体脂肪率が上がってはいませんか?

奥歯には、自分自身の体重に匹敵するくらい大きな力がかかります。そんな奥歯を1本失うと、ものを噛む力は30~40%も低下するといわれています。

奥歯を失うとしだいに食べにくくなるものの代表格が「肉と野菜」です。肉のタンパク質は筋肉量や血管の弾力を保つための主成分です。野菜はタンパク質の吸収を助けるビタミンやミネラルの供給源です。

さまざまな食品をなんでも食べられるためには、20本以上歯があることが必要で、半数(14本)以上の歯を失うと、軟らかい食べ物が食事の主体になってしまいます。その結果、糖質過多、低タンパク質、低ビタミン、低ミネラルに陥ってしまう人がとても多いです。
また、噛まずに飲み込めるため、早食い、大食いになりがちになるのも問題です。噛まなければ胃腸にも負担がかかります。

「よく噛む」ことは食べ物の消化を助けたり、病気の予防をするなど、様々な効果をもたらします。よく噛むと、脳の血行がよくなり、認知症の予防につながるという報告もあります。

よく噛めないことは、多くの病気の引き金となります。

治療を受けて噛めるお口を回復し、定期健診を受けることを習慣にしてその状態を維持して、病気の発症や重症化を未然に防ぎましょう!

 

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします