いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

歯が揺れるけど大丈夫?

歯を押すと揺れている・・・これって大丈夫なのかしら?とご相談を受けることがあります。

歯根と歯槽骨の間には歯根膜とよばれるやわらかいクッションのような組織が存在していて、その歯根膜の厚みの分(0.1~0.3mm)歯はわずかに揺れます。逆にこの範囲を超えた揺れがある場合は何らかの異常があるという事になります。

歯が揺れるの原因には、どのようなものがあるのでしょうか?
・歯周病
・歯が破折している
・かみ合わせの不調和
・外傷
・矯正治療中
等が考えられ、揺れが起こる原因に応じた治療が必要となります。

揺れている歯に対する治療としては、ブラッシング指導や歯周病治療等を行って炎症を抑えたり噛み合わせの調整を行ったりします。揺れが大きければ歯の固定を行って患者様の不快感をやわらげ、噛み合わせの機能回復をはかったりしますが、状態によっては残念ながら歯を抜くこともあります。

<歯の固定>

大事なことは、揺れる原因を見きわめて治療を行うことです。歯周病が原因で歯が揺れているのに、歯の固定だけおこなっても症状が改善しないことが研究などでも明らかになっています。

歯の揺れは放置しておくと悪化します。揺れが起こる原因を調べるには、レントゲン検査や歯周病検査、触診等などの検査が必要です。

歯の揺れが気になる方は是非ご相談ください。

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします