いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

根面カリエスって何?

「歯の根っこ部分がむし歯になっています」

こう言われたことはありませんか?

今までむし歯には無縁だったのに根っこ部分にむし歯ができたの?

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

歯の構造を説明すると、物を噛む部分を歯冠部といい、それを支える部分を歯根部といいます。

歯の歯根部のむし歯は
「根面カリエス」
と言われ、中高年以降の方によくみられます

歯根部は基本的には歯ぐきに覆われていますが、

加齢や歯周病等で歯ぐきが下がってくると、歯根部がでてきます。

歯冠部と歯根部ではむし歯に対する耐久度が違います

歯冠部はエナメル質という硬い組織に覆われているため、比較的ゆっくりとむし歯が進行します。それに対し歯根部はこのエナメル質に覆われておらず、細菌の出す酸により簡単に溶けてしまうので歯冠部よりむし歯になりやすいのです。

早期に発見できれば、プラスチックの詰め物で治療ができます。

しかし、「かぶせもの」をしたところ、あるいはむし歯があまりにも進行している場合は、かぶせものを作り直したり、神経の除去、または抜歯が必要な場合もあります。

根面カリエスをを防ぐためには、むし歯・歯周病予防の基本となるプラーク(細菌の塊)をしっかり除去することが大切です。

そして、磨き方も大切です。

間違った方法や強い力でブラッシングをすると、歯ぐきに負担がかかり、歯ぐきが下がってきます

歯磨きは力を抜いてやさしく磨きましょう。歯と歯ぐきの境目・歯と歯の間をしっかりと意識して磨くと良いです。

年齢とともにお口のケア方法も変わってきます

お口の状態にあわせたケア、ブラッシング指導をしていますので定期的に健診を受けることを習慣づけていってください。

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします