いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科

症例集

CASE

矯正治療

男子

治療開始年齢:11歳 

図1.png

治療終了時年齢:13歳

図9.png

下あごがうしろに下がっていて、結果的に下の前歯が上の前歯を突き上げて出っ歯になっていました。

このままでは、30代を過ぎた頃から下の前歯の突き上げで上の前歯がすき間があいてきたり、ぐらぐらして抜けてくることも想定できましたので、矯正治療をご提案いたしました。

まず、上下の前方成長の差があるので、下顎の成長を促す必要があります。

下あごを前方に誘導して成長を促す取り外し式の装置(BJA:)を使用し、その後ブラケット装置を歯につけてワイヤーで歯並びを整えました。

PICT2256.jpg

shashinn2.jpg

保護者の方から感想文をいただきました。

感想文.png

 i.jpgす.png

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします