いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科・審美歯科・インプラント

症例集

CASE

奥歯のかぶせ物(ジルコニアクラウン)

40代女性

<治療前の写真>                <治療後の写真>

左下の奥歯が黒っぽいことを気にされていました。むし歯が進行しており、歯の中の神経の治療を行うことになりました。

<ジルコニアクラウン>

治療後のかぶせ物としてジルコニアクラウンを選択されました。かぶせ物がまわりの歯になじんでいると大変気に入って頂けました。

 

歯の神経の治療後はむし歯になっていた部分を補う為に歯の土台を作る必要があります。

今回、その土台としてファイバーポストとよばれる審美性が高い白い素材(保険適応外:1歯8400円)を選択されたため、かぶせものから透けず、より自然な仕上がりとなりました。

<ファイバーポスト>

かぶせものの形や色はひとりひとり違うため、世界で1つとして同じものはありません。ジルコニアは人工ダイヤモンドの材料になるくらい強度がしっかりとしていて昔のセラミックと比べても強固で破折しにくくなっています。

ジルコニアクラウンは保険適応外で今回の治療費用は、1歯で10万円です。

当院おすすめのかぶせ物のひとつです。是非ご相談ください。

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします