いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科・審美歯科・インプラント

症例集

CASE

インプラント治療

60代女性

<治療前のお口の写真>

左上奥歯は丁寧な根の治療をされていましたが、歯の状態が良くないため、抜歯してインプラントを埋入することになりました。

<歯を抜いた後のCTを使ったインプラントのシミュレーション>

上の画像はCT上でどこにインプラントを埋入すればいいのかのシミュレーションをしている画像です。これによってより正確にいい位置にインプラントを埋入出来ます。

<インプラント埋入直後>

インプラントを埋入するには、骨の厚み、高さが必要です。骨の高さがギリギリしかなくもう少しで上顎の空洞に入る直前まででインプラントを埋入しています。今回は左上奥歯を抜いた後、抜いた部分の骨がやせてこないように骨補填材を使用して骨がやせないような(減らないように)治療を行い、約3ヶ月待ってからインプラントを骨に埋入しました。

このようなギリギリの骨の量の場合はCTでしっかりとシミュレーションし、それを元に精密なガイドを作成します。

<治療後のお口の写真>

精密なガイドを使って埋入しましたので痛みや出血も少なく理想的なポジションに埋入できました。

インプラント治療は保険適応外です。

インプラント治療は、手術が必要なことや、治療期間が長いなどのデメリットがありますが、残っている歯への負担がなく、自分の歯のように噛め、見た目も自分の歯のように再現できるなどのメリットがあります。

今回行ったGBR(Guided Bone Regeneration:骨誘導再生法と呼ばれています)はインプラントを埋入する際に骨の厚み、高さが足りない場合に増やす方法です。

以前はそのような方はインプラント手術ができませんでしたが、最近はGBRの大きな進歩により、たくさんの骨を作ることができるようになり、殆んどの方に手術が行えるようになりました。

今回のインプラント治療費用は、40万円+精密なガイド10万円+税です。

インプラント治療相談は随時行っておりますので、是非ご相談ください。

 

 

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします