いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科・審美歯科・インプラント

症例集

CASE

インプラント治療

インプラント

50代女性

<治療前のお口の写真>

右上にブリッジが入っていましたが、奥の歯の根っこは割れていて、手前のかぶせ物の根の状態もよくなかったため、両方の歯の抜歯を行いました。

カウンセリングでは、抜歯を行った部分に関して、入れ歯あるいはインプラントをご提案
いたしました。入れ歯には抵抗があるとのことで、インプラント治療を行うことになりました。

<治療後のお口の写真①>

事前に型どりした模型からの情報とCT画像の情報を融合させました。 最終的なかぶせ物の形を作成して、それを元に何処にインプラントを埋入するとベストな埋入が出来るかを診断し、ガイドを作り、より正確な位置(深さ、方向、傾き等)にインプラントの埋入を行いました。

<治療後のお口の写真②>

インプラントのかぶせ物はジルコニアクラウンで製作いたしました。

インプラント治療をより安心して受けていただくために当院では最新機器を活用した精密検査を行っております。CTを導入して精度の高い診断を行うだけでなく、専用の診断ソフトで歯やあごの骨の形状、骨の密度や周囲に張り巡らされた血管、神経の位置まで立体的に解析しています。

インプラントは入れ歯と違い、自分の歯のように噛めることが一番のおすすめポイントです。

精密に診断して治療計画を立てることでより噛みやすく見た目もキレイで長持ちしやすい治療が行えます。

どのような治療の流れなのか、金額はどれくらいかかるのか等、色々ご不安な点もあるかと思います。

患者様の思いに寄り添いながら治療をすすめてまいりますので、是非ご相談ください。

 

 

 

 

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします