いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科・審美歯科・インプラント

歯科マメ知識

KNOWLEDGE

治療したところ大丈夫ですか?

詰めたところやかぶたところは虫歯にならないと思っていらっしゃいませんか?

・かぶせた歯の境目が黒くなってきた

・詰め物がカタカタしている

・かぶせ物の端が舌にさわる

こんなサインがあれば要注意です!

 

詰めたところやかぶせたところが虫歯にならないというのは誤解です。ブラッシングを怠ると古くなった詰め物やかぶせ物のまわりにできた小さな隙間から虫歯になってしまいます。この小さな隙間は歯と治療に使用した素材との性質の違いや歯自体の摩耗などによって生じます。むし歯が隠れて進行するので患者さんご自身ではなかなか発見しにくいのが特徴です。また、過去に神経を取ってかぶせた歯だと痛みがなく、かなりむし歯が進行して初めて気づくことが多いです。

 

むし歯治療をしたところは上手く磨けていない等の原因がある場所です。そのため、治療以前と同じ歯の磨き方や食習慣だと治療した詰め物やかぶせ物のまわりから虫歯になってしまいます。せっかく治療してもお口の中がむし歯になりやすい状態のままでは治療を繰り返すだけです。

同じ治療を受けてもお口の清掃状態が良好な方とそうでない方、また定期健診でメインテナンスを受けている方とそうでない方を比べると、治療の耐久性がまったく違うことが明らかになっています。治療した歯はより念入りなブラッシングが必要であり、定期健診が大切であるといえます。

「治療をしたからもう大丈夫」という油断は禁物です。
日頃のケアとあわせて自分では気づかない小さな変化を定期健診でチェックしてもらいましょう!

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします