いなだ歯科/大阪府松原市の歯科医院/一般歯科・小児歯科・矯正・口腔外科・審美歯科・インプラント

症例集

CASE

ウォーキングブリーチ

30代女性

神経をとった左上の前歯が茶色く目立っていたのを気にされていたので、歯の中に漂白剤を入れて歯を白くするウォーキングブリーチをおすすめしました。

手順としては、歯の裏側から穴をあけて歯の内部へ漂白剤を入れ、ふたをします。

1週間に1度漂白剤は交換します。2回目の交換でご希望の色になったので、裏側に詰め物をして終了となりました。

 

歯の色を白くする方法はいくつかあります。そのうちのひとつに「ウォーキングブリーチ」といわれる神経が無い歯だけに行えるホワイトニング方法があります。神経のない歯の内部に、漂白剤を入れ、変色した歯を白くします。

歯は神経をとるとしだいに色が変色していまいます。「ウォーキングブリーチ」は歯の変色は気になるけど、歯を削って被せるのは抵抗があるという方にお勧めの治療法です。こんな方法があるなんて知らなかった!1回でもこんなに効果があるんだ!と多くの方に喜んでいただいています。

 

 

いなだ歯科:いつまでも笑顔が保てるように、お口の健康をサポートします